賃貸併用の価値ー①

 家を建てるとき、一部屋余分につくって賃貸ルームにする。賃貸部分の面積が全体の1/2未満ならば普通の住宅ローンが使えます。当面は賃貸として収益を上げてローンの返済に充当し、将来は子供との2世帯住宅にするという考えもあります。また条件によっては収益性重視の賃貸事業として計画することも可能です。


「SIDE-b」は1階(一部2階も)を賃貸として貸し出してその収益をローンの返済に充当、2〜3階を自宅として計画しました。もちろん将来の多様な使い方を考慮して2階の畳室は双方から入れるようにできています。

SIDE-b 

SASAKI YOSHIKI
ARCHITECTS
STUDIO